魚の目・たこ・イボ

ウオノメ

魚の目は、皮膚の角質化(固くなる)が皮膚の奥深く、真皮にまで及ぶ状態です。uonome

固くなった中央に「芯」が出来るのが特徴で、この芯が魚の目に見えることから魚の目の名前がついています。

棘がささったりした刺激でなる事もありますが、足の場合は靴ずれや指同士の接触、アーチ機能の低下によって接地するべき出ないところで接地をし、刺激が誘引になったりと原因は様々です。

痛みを伴うことが多いので、早期の対処が必要です。

タコ

タコは、皮膚の表面が角質化したものです。擦れたり、多く荷重がかかったりすると皮膚が刺激に対して抵抗をして固くなります。

痛みが無いことが多いのですが、どこかに無理があるという信号として捉えることができます。
これらの角質は、取り除いてもまた同じように一部に圧力がかかると再発します。

そうならないためには、足裏の圧力を分散させるインソールが大変有効になります。

イボ

イボは主にウイルス感染が原因の皮膚病です。

タコや魚の目との区別がつきにくく、自分で削って出血をして、イボが増えることがありますので注意が必要です。

営業カレンダー