内反小趾

外反母趾とは逆に、小指の付け根が外側に出っ張って、指先が内側(親指側)に曲がる変形の事です。naihan

原因がほぼ同じ事から、外反母趾と共になる方が多いようです。

小指の変形や小指付け根の側面や底面のタコ、薬指との接触が増える事から、指の間に魚の目が出来たりもします。

内反小趾の原因

外反母趾と同様に、足のアーチ(特に横アーチ)の崩れが原因となることが多いようです。

親指と小指の付け根を締め付ける横アーチが崩れて外側に広がる「開張足」の状態になり、小指の付け根が外側に飛び出します。

小指を踵の方に引っ張っている筋肉は今までと同じように引っ張っていますので、弓の弦の様な働きをして小指の指先が内側(親指の方)へ向くようになります。

okyaku内反小趾の方の歩き方を見ていると、O脚や回外足など足の外側に体重がかかる方が多い印象を受けます。

歩き方も重要ですね。

 

営業カレンダー