モートン病

モートン病は、足の中指と薬指の間の痛みや痺れで判断される事が多い病気です。ccc

中指と薬指の間の足裏には、指神経が交錯して出来ている神経腫という塊があります。

この神経腫が何らかの原因で圧迫されて痛みや痺れを起こすこともありますが、滑液包と呼ばれるクッションのような物に刺激が繰り返される事で炎症が起き、腫れた滑液包が指神経を圧迫する事で痺れや痛みが起こります。

モートン病の原因

足の中指と薬指の間への長時間に及ぶ負担が原因となります。

ハイヒールや先の尖った靴の常用、幅の狭い靴や動きの制限される靴などの常用で負荷が強くなり、症状が起こりやすくなります。

また、外反母趾や扁平足など、足のアーチが崩れ、親指での蹴り出しが弱くなることでも負荷は強くなります。

営業カレンダー